LGBTの言葉が多用されるようになった意味とは

さくらんぼ


普通に何気なく生活得押していても最近では特にLGBTという言葉を意味は知らなくても耳にする機会が診断のチェックすると多くなってきました。

この言葉はセクシャルマイノリティ(性的少数派)を表している言葉で、女性同性愛者であるレズビアンのL、そして男性同性愛者であるゲイのG、男女の両性愛者であるバイセクシャルのB、そしてトランスジェンダーのTにあたるそれぞれの頭文字をとってLGBTと呼ばれています。

このトランスジェンダーとは、もともとの性別とは反対のこころを持っていて、性別や役割にとらわれずに自由な生き方を望む人たちのことになります。

主に性転換手術を望まない人に対して用いられますが、こころと同じ性別に体を変えることを希望するトランスセクシャルとの総称として利用される場合もここではあります。

これはニューハーフやオネエなどはトランスセクシャルになりますので、女性的な割合が高いため見た目ですぐに分かることが多いのです。

今すぐにLGBT診断を受けたほうが良い理由とは

これがゲイの場合は見た目や話し方なども男性的なパターンが多く、周囲が気付くことはほとんどありません。

LGBTと同じ意味合いの言葉にクィア(Queer)があります。

以前はあまり良い使われ方をしていなかったのですが、このように性の多様化が認められるようになっています。 このように診断していなくても徐々に可能性に肯定的な意味で使用されるようになりました。

チェックしてみるとLGBTのような少数派は多数派の中では異端と見られます。

いじめや差別の対象となることがありますので、セクシャルマイノリティはそのため自己の存在について深い悩みを抱いています。

それが働く企業でも常に生きづらさを感じているような状態にあります。

少しでもLGBTが生きやすい過ごしやすいように


実は密かにLGBTの可能性は貴方も持っている

ハートと手


LGBTだと周囲が知らないケースが多いので、相談することもなくひとりで悩みを抱えてしまい、その結果アルコール依存症や不安障害、うつ病などの精神的な疾患や診断に苦しむケースあります。

日常の不安定な精神状態から、やがて希死念慮や自殺願望などが芽生えることもあり、これがLGBTの自殺を企てる割合は異性愛者に比べて高いことが、欧米などの企業のチェック調査で判明しています。

LGBTはおよそ50人に1人の割合で存在するとされています。

以前と比べるとこの存在が公になり、周囲の理解も得られてきたのでカミングアウトするテレビにでるような有名人などもかなり増えてきました。

バイセクシャルである可能性をチェックする意味

意味は一般的には偏見や社会的影響や可能性を考えると、まだまだ、これはカミングアウトしにくい状況にあり、大半のセクシャルマイノリティが事実を隠して生活しています。

渋谷区の自治体ではこの婚姻を表す証明書を発行するという項目が組み込まれたパートナーシップ条例案が、2015年3月の区議会に提出されました。

この条例は全国的にも類のないものですが、診断の意味や内容に対しては賛否両論あり、保守派や少子化問題を懸念している層の中では反対意見が強くありました。

しかしLGBTの結婚事情は年々徐々に変化していて、同性婚を法律的に認めている国やパートナーシップ法が定められている国などが徐々に増えてきています。

誰にでもなり得る可能性がLGBTはある


過去のLGBTの歴史や現在のストレス

振り返る


こうしたLGBTの結婚需要を受けて、近年ではビジネスとして結婚式や披露宴をプロデュースする企業も意味をチェックすると多くなってきました。

すでに診断をしてカミングアウトしている際には周囲に認められて新生活を送りたいという気持ちが当事者の間でも強く、そうした方の要望に応えて異性愛者同様のリゾートチャペルやガーデンウェディングなど、さまざまなプランの結婚式が提案されています。

なぜLGBTになるのかというメカニズムは現在においても解明されていません。

セクシャルマイノリティかどうかの診断は難しい

かつては人格障害として扱われ、心理療法や行動療法などの治療が行われていたのですが、やがて診断は個人のあり方を尊重するようになり、バイセクシャルもその人権が認められるようになりました。

しかし人々の間には差別的な意識が根強く残り、LGBTや同性愛に対して偏見の目を向ける状態も可能性は少なくありません。

一部ではチェックしてみると妊娠中に母体がストレスを受けるとセクシャルマイノリティが生まれるといったもっともらしい説もありましたが、その根拠や意味はありません。

1991年にはサイモン・ルベイが科学雑誌サイエンスにおいて、ゲイの男性の視床下部が異性愛者のものと比較して大きさが異なるといった発表をしました。

このことからセクシャルマイノリティは、なんらかの出来事やストレスなどで起こる後天的なものではなく、先天的なものであることが確認されました。

産まれ持ってLGBTであることも


才能の必要な芸術やアートの分野に多いLGBT

クリエイティブなパワー


また昔から唱えられている診断では遺伝的な要素や意味については、ある程度の影響は及ぼしている可能性は残しつつも現段階では証明はされていません。

LGBTになる要因は一つではなく、先天的要素と環境などの後天的な要素の影響を受けた結果存在するものであり、チェックせずそのままの状態であることが当事者にとっては自然な生き方になります。

同性愛者に異性に目を向けるように促すことは、異性愛者に同性を好きになれと言うのと同じくらい不自然な状況をつくっていることになります。

多数派であるマジョリティが自身の固定概念にとらわれてしまいます。

女性の同性愛者の診断チェックが急激に増加しています

優秀な企業でも少数派のアイデンティティを奪ってしまうことはこれまでの時代には多くありましたが、セクシャルマイノリティは人が生まれながらに持っている素質を攻撃することは、仮にそれが社会として一般的なことだとしてもあってはならないとサイモン・ルベイは述べています。

近年ではその問題点が浮き彫りとなり、少しずつ同性愛者の環境も変化しています。

基本的にはLGBT診断に対してはマイナスな部分がクローズアップされがちですが、意味は芸術面などの創造の世界で大きな活躍をみせています。

ファッションデザイナーやアーティストなどクリエイティブな才能を存分に活かしていて、バイセクシャルには芸術的な美意識の高さやすばらしい発想力などが垣間見えます。

世界的に活躍しているLGBT


日本での意識とLGBTの今後について

否定もあります


現在の日本ではまだまだLGBTに対しての認識が低く、企業にいても周囲に同性愛者と診断された場合の対応を誤って当事者を傷つけてしまうケースがあります。

また、性的指向や行動、態度などを無理やり矯正して治そうとするケースもあります。

ですから、ある意味お互いが大変な思いをしてしまいます。

LGBTの診断チェックをすることで何か変わるのか?

これは本来持っている自然な姿でありセクシャルマイノリティの矯正はできないことを頭の片隅に入れておくと、双方が傷つく可能性がチェックで減ります。

カミングアウトは生きづらさを減少する方法ですが、これも強制されるものではなく当人が報告したいと感じたタイミングで行なうことが自然な流れになります。

世の中には多様な性質を持った人が生きているということを、バイセクシャルはここで意識しておくだけでも、多くの人が生きやすい状況になります。

自分の周囲にもカミングアウトできない人が存在している可能性もあるのです。

診断してもしなくてもLGBTは他人事と捉えずに知識を増やしておくと、突然の報告の対応ができるようになります。

LGBTの存在を知っておくことで理解が深まる


このページの先頭へ