自分はそうでないと思っていても高い割合でいる

数字で見ると


世界での割合はどのような数字になるかは置いといて、日本語に訳すと性的少数者という意味になります。 では、性的多数者とは、どういった男女を指すのでしょうか。 それは、異性愛者のことを口コミで意味しますが、これが男性の場合ならば女性を恋愛対象とするケース、女性の場合には、男性を恋愛対象とする方々が、異性愛者です。
これとは反対に、割合は性的少数者の場合は、恋愛対象が異性に限定されない層のことを、ここでは意味します。
ある意味ではLGBTは、そのアルファベット文字の先頭が表すとおり、これが4つのグループにここでは分けられます。 まず、第一には女性の同性愛者であるレズビアン、続いて男性の同性愛者であるゲイ、そして男女いずれの場合でこれがあってもです。 やはり同性、異性のどちらも恋愛対象とする人たちです。 最後に、自分の身体的性別となります。 心理的な性的嗜好が一致しない性同一障害の人たちや、実際に性転換を果たした人たちが、ここでは対象となります。 これらのジャンルの層は、偏った少数派という言葉が表すとおりますし、これは実際に身近に出会ったことがない、という割合はやはりどうしても多いです。

オープンにしている割合も増加している


詳細を理解をすることで割合も高まっている

安心に繋がる


学校や職場などでは、もっぱら異性に関する恋愛話が話題になりがちです。 これがさらに自ら自分が性的マイノリティであることをわざわざ公表する方は滅多にいないためでしょう。 しかし、実は自分の周囲にも、LGBTの男女たちが存在する可能性は極めて高いのです。
欧米の口コミのアンケート調査によれば、少なくとも人口の5%はこの層たちが占めている、というような結果が出ています。
一般に、欧米諸国では同性同士の結婚も認められる国が多いなど、こういった性的マイノリティに対して寛容な社会のために、これらのアンケート調査の結果は信ぴょう性が非常に比較しても高いものです。 一方で、日本では異性同士の結婚しか認められないなどです。 欧米に比べれば未だに性的マイノリティに対する理解は、かなり、ここでも不足していると言えます。 そのため、政府が実施する公的アンケート等で、悩みを持つ人たちの割合を口コミで調べることはできません。 しかし、NPO法人等の民間事業者が実施した調査等によると、日本人の場合には少なくとも50人に1人の割合で性的マイノリティが存在していると考えられています。 この割合は、欧米の調査結果と比較しても、まず妥当な結果であると言えるでしょう。 ということは、学校のクラスや職場などで、少なくとも1人は性的少数者が含まれている可能性が極めて高いということを示しています。

密かに一人で抱えている割合もある


カミングアウトできずに苦しんでいる割合

一人で抱え込む


現状ではこれに当てはまる人たちは、決してテレビのニュースや新聞記事等で見聞きする類の他人事ではなくて、自分の身近な問題として受け止めるべき割合だと言えるでしょう。 もし、自分の周囲にはそのような人はいない、という人がいるならば、それはその人が気付かないだけかもしれません。
また、性的少数者の人たちは、自分の性的嗜好を隠しがちなので、親しい友人や家族にさえ打ち明けることができないという口コミがよく見られます。
なぜならば、自分が精液少数者であることをカミングアウトしてしまうとどうでしょうか。 学校でイジメにあったり、割合では職場や近所の人から白い目で見られたり、不当な扱いを受ける可能性があるからです。 特に、日本は他と同じであることを良しとする同調圧力の非常に強い社会ですから、マイノリティの人たちにとっては、非常に暮らしにくいという口コミがあります。 そのため、無理をして周囲に同調し、自分の個性を押し殺して生きている人たちはとても多いのです。 しかし、こうした生き方は非常にストレスがかかるために、日本ではこの人たちは、うつ状態になったり、無気力になりがちな傾向が見られる、という調査結果もあります。 周囲との調和を大切にして生きることは、社会の構成員としてはもちろん大切なことですが、自分を偽らないで生きることは、とても重要なことです。 LGBTの人たちが堂々と生きていける社会こそ、真の意味で成熟した豊かな社会であると割合言えるでしょう。

今後も割合が高まり社会的な見方も変わってくるでしょう


このページの先頭へ